Shopifyとは?

Shopify(ショピファイ)とはオンライン販売を手軽にはじめられる、クラウド基盤のマルティチャンネルコーマスプラットフォームです。

商品管理・ストア構築・顧客管理・決算といったシステムがすべて揃っていて、自社のオンラインストアサイトが手軽に始めることができます。

目次
    Add a header to begin generating the table of contents

    Shopify のポジション

    今現在日本では、ECストア構築のプラットフォームが多数あります。マーケットプレイス型と自社EC型とわけるとShopifyは下記のようなカテゴリに属します。

    マーケットプレイスはいわゆるアマゾンや楽天市場のようなプラットフォームに販売者(マーチャント)が出品する場合です。

    自社EC型はBASE・ Storesのように自社でECサイトを構築する場合です。

    それぞれにメリット・デメリットがあります。

    マーケットプレイス

    マーケットプレイスではすでにお客さんが多いプラットフォームなので集客が楽な場合があります。デメリットは出店料や中間マージンが高かったり、プラットフォーム側からの制約が多いことです。例えば楽天市場は出店者に対して送料無料にすることを強制したりと問題になったことがあります。また、アマゾン・楽天市場には莫大な数の出店者がいます。結局は価格競争になることもあり、またお客様は『アマゾン』『楽天市場』から買ったことは覚えているが、『どこの出品者』買ったかは覚えられにくいという点です。リピーターは得にくい。

    ECモールに向いているビジネスは利益率が高い商品やオリジナル商品など販売・仕入れ面などで他社と圧倒的な差があるなどです。

    自社EC型

    自社EC型は中間マージンもなく高い利益率が見込める点。そして自社でストアを管理するため制約などもほとんどなく、自分たちでブランドのイメージなどをコントロールしやすい点です。

    デメリットは、立ち上げ時は集客力が低く、自分たちで集客をしなければなりません。

    自社EC型ではデザインや機能などの自由が高く、自社サイトのブランド力を高めリピーターを獲得しやすい

    オムニチャンネル

    Shopifyの強みの一つがオムニチャネルです。Shopifyでは自社のオンラインストア作ることもできながら、登録商品をFacebook・Googleショッピング・楽天市場に出店しながらも、Shopifyのシステムで管理できる点です。『オムニ』はすべての、『チャネル』とは経路という意味があります。

    Googleショッピングなどで集客し、自社ECを覚えてもらいリピーターを獲得する。という販路拡大も狙いやすい。

    Shopifyの強み選ばれる理由

    1完全ホスト型のECソリューション

    マーチャントのファイルとデータは安全でクラウドに保存されています。

    クラウドにデータが保存されているので、いろいろな場所・コンピューターからアクセス管理できます。またローカルコンピューターのデータ破損の心配がありません。

    またShopifyではスマホアプリも用意されているため、スマホからも管理できます。

    2 構築するのが低コストかつスピーディー

    マーチャントがオンラインストアを始めるのに必要な機能はすべてShopify側により揃えられているので、より簡単にオンラインストアが構築できます。

    例えば、他のECカートサービスだとカード決済は別の会社と契約しなければならないとか、ストアのテーマなどを購入しなければならないとかありますが、基本的な機能は全て揃っています。

    3 いつでも最適化できる。

    Shopifyは売上が10万円未満から数十億円の企業までが利用しています。

    もしビジネスが成長しても同じようにシステムを使い続けることができます。

    アクセスの規模が増えても、そのままのスピードを維持しつづけることができます。

    実際、プラットフォームを移行するのは難しいです。商品情報・顧客情報の引き継ぎなどを行うのは労力がかかり思わぬトラブルが発生します。また移行期間中の機会損失などもありえます。

    Shopifyではプランのグレードはあれど、システムが変わることなくビジネスの成長に合わせて使い続けることができます。

    4 ストアのメンテナンスがシンプル

    ストアは完全にホストされているため、めんどうなSSL証明書・セキリティ更新などはすべてShopify側で行われるためマーチャントは自分のビジネス運営に専念することができます。

    5 一般データ保護規則

    Shopifyは越境EC(海外の顧客に向けてのオンライン販売)にも強いことがあげられます。

    一般データ保護規則(GDPR) ヨーロッパ顧客の個人データの収集及び取り扱い方法に準拠した機能がShopifyのプラットフォームに組み込まれています。

    6 柔軟なソリューション

    Shopify ではそれぞれのビジネスにあうようアプリが多数用意されています。それらはShopifyからだけでなくサードパーティからも開発されたものがあり5000以上のアプリが使用可能です。

    今現在は英語のものが多いですが、2018年にShopiy Japan(日本法人)が発足してから日本語対応のものが日々増えてきています。

    たとえば、日本国内の配送・フルフィルメントサービスに対応したものや、オンラインストアに訪れた人とポップアップでチャットできる機能など様々です。

    こういった機能が標準でついている多機能なカートサービスもありますが、高価格になってきます。Shopifyでは自分のビジネスの必要に応じた機能を追加することにより、使わない機能へのコストを抑えることができるのも魅力の一つです。必要に応じた機能のみを入れることにより管理もシンプルになります。

    7あらゆる場所で販売できる。

    Shopifyでは自社オンラインストアに限らず、 Facebook・Googleショッピング・楽天市場などでShopifyで登録した商品を販売することを可能です。そのため、個別のプラットフォームごとに商品登録し直す必要もなく、Shopify上で一元管理することで在庫のミス・管理コストを減らすことができます。

    Shopifyのマルチチャネルコマースプラットフォームのイメージ(Shopifyより)
    またShopifyのPOSシステムで実店舗での販売とオンラインストア上の情報をリンクして管理することができます。

    Shopifyを利用しているブランド

    Shopifyを利用しているオンラインストアを参考に集めてみました。

    無料テーマを使用しているとこから独自カスタムテーマを使用しているところまで様々。

    無料テーマ使用であれば初期投資は抑えれます。またビジネスが発展して独自性を出したい場合もカスタマイズの拡張性が高いのがShopifyの良いところです。

    Scroll to Top