Ch0 統計学について

このカテゴリーではビジネス分析などに使える統計学をなるべく簡単な言葉や身近な例をつかって紹介しています。
統計学では数多くのデータを扱うためどうしても複雑な計算を伴いますが、このWebサイトではそういった計算をExcelなどで行う方法を紹介します。
学問のための統計学というより、ビジネスシーンで実際に使えることを目標として解説したいと思います。
統計学は数学の全体の長い歴史から見ると、生まれたての学問です。また統計を処理する方法・理論は確立していても数多くのデータを扱うため実際に計算をするのに膨大な時間がかかっていました。しかし、今ではテクノロジーの発展により膨大なデータの処理をあっという間にできるようになり、数学者でなくても統計解析が比較的簡単に行えるようになりました。そのため、ビジネスの分野でも広く活用されるようになりました。例えば、過去のデータから売上の動向予測しより適切な数の在庫を保持したり、消費者の行動を数量的に分析しマーケティングに応用したりなどです。
MBA経営学修士課程においては必須の科目となり、むしろ統計学がビジネスにおいて最も最適で重要な科目の一つとなりつつあります。

またこのWebサイトではいくつかの統計学の用語を英語で紹介しています。これはExcelなどの関数を使う時に、対応する英単語を覚えておくと活用しやすいからです。
例えば、中央値は英語ではMedianと言います。中央値Medianを求めたいとき、Excelの関数では=MEDIAN() と入力します。よく使う統計学の用語は最初から英語で覚えてしまったほうが、Excelなどを使うときには有効です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to Top