Ch1 Descriptive Statistics 記述統計学とは

統計学には大きく分けてDescriptive Statistics とInferential Statisticsという2種類があります。
Descriptive Statisticsは記述統計学とも訳され、データを状態を数量的に表すことを行います。
例えば、平均や最大値などを求めたり。
またData Visualization (データの視覚化)といって数の羅列のデータを視覚化し直感的な理解を助ける方法が注目されています。例えば、円グラフとか棒グラフは一番基礎的なものですが、最近ではInfographic といって図表だけでなく絵柄などを使ってより視覚的に訴えるかけるものもあります。
また視覚化することによりこれまで数字だけ眺めていただけでは見えてこなかったデータの因果関係が簡単に見えてきたりします。こういったData Visualizationは Business Analytics (ビジネス分析)の第一歩として使われます。世界の国別オイルの消費量 2011(https://www.statsmonkey.comより)

どのようにデータを表すか

以下は種類に応じての一般的なデータの表し方です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to Top