Ch6-1外的要因の分析(External Analysis)

外的要因の分析(External Analysis)

External (外部の) Analysis (分析) では、企業外部のことを見る分析です。内的要因とは違い、外的要因とは企業がコントロールできない要素です。企業は直接コントロールできないため、その環境に合わせた変化が求められます。
例えば、外で雨が振っています。傘をさす、車でででかける、もしくは雨の日だからでかけないといった選択はできますが、雨そのものは止めることはできません。
外的要素の分析は、企業を取り巻く環境を知り、どのような影響がでるか、どのような対応をするべきかなどを見る分析です。
外的要因の分析は以下のような分析手法が使われます。

PESTEL 分析 PESTEL Analysis

PESTEL 分析ではビジネスにかかわる外的な要因を下記の6つの項目に分けて見ていきます。

  • 政治的要因 (Political Factors)
  • 経済的要因 (Economic Condition)
  • 社会文化的要因 (Sociocultural forces)
  • 技術的発展の要因 (Technological Factors)
  • 自然環境的要因 (Environmental Factors (the natural environment))
  • 法律的要因 (Legal/regulatory conditions)

ファイヴフォース分析 Porter’s Five Forces Analysis

ファイブフォース分析は業界の収益性に影響のある要素を5つに分類し、その業界が利益を出しやすいか、または激しい競争原理にさらされているかを判断する分析です。 

  • 買い手の交渉力
  • 供給企業の交渉力
  • ライバル企業間での競争の激しさ
  • 代替品の脅威
  • 新規参入の脅威

例えば、常に「他店より安くします!」と謳っている家庭用家電の業界は「ライバル企業間での競争の激しさ」はとても強く、その業界で収益を継続し出していくことは難しいといえるでしょう。

ドライブフォース分析 Driving Force Analysis

ドライブフォース分析ではどのような出来事がその業界や競争の具合を変える可能性があるかを見ていきます。
例えば、近年のめまぐるしい電子技術の発展は家電製品の業界を大きく変えたといえるでしょう。

戦略グループ分析 Strategic Group Mapping Analysis

戦略グループ分析では企業がライバル企業の間でどのような位置づけにあるかを判断する分析です。
この分析を行うことにより、企業がもっとも注意を払わないと行けない本当のライバル企業を見つけます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to Top