Shopify Liquid Blocks について

Shopifyのカスタマイズページのでこういう好きなだけ項目を増やしてけるカスタマイズの設定は Blocks を使って増やしていく。

これだとカスタマイズの画面で、好きなだけ項目を増やせる。

Schema でこういうコード。 Blocks を使う。Settingsの中に type id label を入れる。

{% schema %}
 {
    "name": "フッターメニュー",
    "blocks": [
      {
        "type": "text",
        "name": "フッターリンク",
        "settings": [
          {
            "type": "text",
            "id": "footer_text",
            "label": "リンクの名前"
          },
          {
            "type": "url",
            "id": "footer_link",
            "label": "リンク"
          }
        ]
      }
    ]
  }
  {% endschema %}

オブジェクト出力するときは

{% for block in section.blocks %}
  <li>
   <a href="{{block.settings.footer_link}}">{{block.settings.footer_text}}</a>
  </li>
{% endfor %}

For ループをつかってこんな感じ Block と Blocks の単数・複数に注意。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to Top