Shopify Unite 2021 まとめ 覚書

2021年6月29日に行われたShopify Uniteでの発表まとめ 前半部分 (後半アプリなど開発者向けみたいだったで割愛) Shopifyにとって今回の発表は大きなものになるそう。

Shopifyが打ち出す新しいコンセプトは『Online Store 2.0』

大きく3つのことが変わる予定。 1 テーマエディター 2 ストアコンテンツ 3 開発ツール

1 Themes and Online Store editor テーマエディター

セクションがどこにでも追加できるようになった。

新しいテーマエディター(カスタマイズ)

テーマAPPの拡張

これまではテンプレートのプロダクトページ・コレクションページなどが初期ではだいたい1種類に限られていて追加するにはliquidコードを使って追加しないといけなかったのが、テーマエディターから簡単に追加できるようになった。

例えば、カバン・シャツ・パンツなど商品のカテゴリごとに個別にレイアウトをテーマエディターから簡単にできるようになった。

2 Store Contents ストアコンテンツ

独自メタフィールドの追加

これまではメタフィールド(商品につける情報)は商品名・商品説明・写真・価格・販売元などに限られていて、独自に追加するにはコードをいじったり、アプリを使用したり手間がかかったが、管理画面から簡単に追加できるようになった。

また1で紹介されたように独自テンプレートを簡単につくれるようなったので、そのテンプレートをカスタマイズして自分で設定したメタフィールドを表示することができるようになった。例えば、サイズや素材といったものフィールドを自分で追加して、それを商品ごとに表示することができるようになる。これまでは商品説明の項目にhtmlで商品スペックテーブルなどを自分で作って書くなどで対応するしかなかった。

商品に独自のメタフィールドを追加できるようになったので、さまざまなジャンルの商品の独自の情報をストフロントで簡単にカスタマイズして表示できるようになったので、カスタマーが必要な情報をわかりやすく簡単に伝えることができるようになる。

Shopify Unite 2021の例ではバッグにたいして縦横サイズや素材などのメタフィールド項目を追加して、あたらしく自分で追加したバッグ用のプロダクトページに追加して表示させていた。

3 Developer tooling 開発ツール

Liquid テンプレート言語の改善

Shopify GitHubとShopify CLIの統合

開発テーマ

テーマチェック

Dawn (新しいテーマ)

マーチャント側の恩恵としては、レビューアプリなどを導入してストアに表示される場合、コードエディターを開いてLiquidコードタグの挿入などが必要であったが、これからはセクションが各ページに自由に挿入できるようになるので、それを使い、コードを触らず自由にレイアウトできるようになるよう。

前はアプリインストール後、ストアフロントに表示させるにはこういったコードを自分でコードエディタを開いて挿入する必要があった。コードについて知識がないと触るのが怖いという人がほとんどだったと思う。

これからはセクション編集がどのページでもできるようになったので、テーマカスタム画面からLiquidコードを触らなくても表示させることが簡単になった。

それに伴い Assets Snippets Blocksのフォルダが Theme extension のフォルダ下に置かれるようになったみたい。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Scroll to Top